暗記ではない歴史の魅力を伝える

暗記ではない歴史の魅力を伝える

★歴史博士おすすめ
元 国立西洋美術館研究員
京都大学大学院文学研究科教授
中村俊春博士おすすめ


『若い読者のための世界史
 -原始から現代まで-』

中村教授が敬愛する美術史家エルンスト・ゴンブリッチ
25歳のときに若者向けに書いた世界史の本。
(私、管理人は知りませんでしたが、有名な本なんだそうです)

兄が妹に説明する設定で、歴史を分かりやすく解説。
中村教授曰く、

「歴史で大切なのは、年号を暗記することではなく、
 どんな人間がいて、何をしてきたのかを知ること」

歴史の楽しさがわかる本とのことです。

「モノは、それができた背景や歴史を考えることで
 まったく見え方が変わってくる」ということを
ミュンヘン大学で美術史を学んでいるときに知ったという
中村教授。

子供には、自分が持っているモノのおもしろさを発見
できるようになって欲しい、という思いを持たれている
そうです。

そして、一つ注意書きを。

中村教授が選んだものは、きっと子供が自分から欲しがる
ものではないので、親が贈る理由をきちんと伝えることが重要、
とのこと。

私たちも、
「有名な教授が選んだものだから」という理由だけではなく、
自分の哲学的なものも一緒に、子供にプレゼントしたいですね。
なかなか難しいですが。

(参考資料:PRESIDENT FAMILY2008年1月号)

関連記事

  1. 人気のボードゲーム『ブロックス』
  2. 親子で一緒に作る楽しみ
  3. 子供が使うものもデザインにこだわる
  4. 創造力と感性を育むレゴブロック
  5. 野球好きな男の子の喜ぶケーキ
  6. あなどれない!ペーパークラフト
  7. 透明標本
  8. マグキューブ~新世代の立体パズルゲーム
  9. 地球環境調査キット
  10. まんがで純文学!「まんがで読破」シリーズ

トラックバックURL

http://konomanabi.com/gift/wp-trackback.php?p=277


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です